旬な魚を紹介

2012.09.19.

秋はさんまの季節 「元気になる魚No.1」

 秋の味覚を代表する魚はさんまを置いて他にはない。安い!!美味しい!!健康食!!三拍子揃う魚はさんまが一番ではないでしょうか。

 8月の暑い季節、水温15℃前後を好むさんまの群れは北海道東沖に集まり、季節の移り変わりと共に産卵のため太平洋を南下、千葉県銚子沖までに水揚げされるさんまが旬の季節でしょう。

 消費者に好まれるサイズは1匹200g前後で価格は100円程度と言われている中、今年のさんま漁は魚体が小さめのものが多く水揚げされ、価格も1匹200円程度でスタート致しましたが、9月になり大型棒受船の出漁が最盛期を迎えたことから水揚げされる魚体も徐々に大きくなり、消費者の期待に応えられるさんまを食卓に乗せられる様になりました。

 さて、さんまには美容効果バッチリのビタミンB2が豊富に含まれると共に、脳細胞や神経細胞を活性化させるDHAが豊富に含まれ、又血液をさらさらにするEPAも大量に含まれるなど、健康食としてNo.1の魚であることから、多くの消費者に食べていただきたいと願っています。

 美味しいさんまを選ぶ基準は、
   ①口先が黄色くなっている
   ②背の色が青々として胴の太ったもの
                          を選ぶことです。
  1 / 1  

写真や動画で市場を体感しよう!
今はどんな魚が美味しいの?旬な魚を紹介します!

組合案内

京都全魚類卸協同組合
〒600-8847
京都市下京区朱雀分木町市有地
京都市中央卸売市場
TEL:075-311-6067
FAX:075-311-8206

お問い合わせはこちら

ページの先頭へ